2009年10月03日

アイマスDS、スゲー

つーわけでテイルズオブヴェスペリアも一段落ついたので、満を持して巷であんまり話題にならない「アイドルマスター ディアリースターズ」始めました。何だかラブプラスに喰われちゃう形で可哀想なタイミングの発売になってましたが、ネタにするにはよさげな雰囲気ですよ、アイマスDS。


今回のアイマスはこれまでと違い、プレイヤーはプロデューサーではなく「アイドル自身」になります。とは言っても、やる事は基本的に同じなんですがね。自分で衣装を決め、曲を決め、トレーニングして、営業して。単にプロデューサーさんが居ないだけです。

imas01.JPG

もちろん最初はこの子。秋月涼です。
前作アイドルマスターのメガネ、秋月律子の従弟だそうで。
女装だ?男の娘だ?こちとらストップ!!ひばりくんからの筋金入りです。あまり舐めないで頂きたい。むしろ望む所です。

とにもかくにもゲーム開始です。
……

いきなり同級生(男子)から愛の告白をされる秋月涼。
男子「俺のカノジョになってくれないか?」
涼 「僕、男の子だよ?」
男子「秋月なら、男だっていい!」
うーむ、何ともカオス。告白してる同級生も、なかなか筋の通った変態で素晴しい。と、ここで何やらキャラクターをタッチパネルで操作できる様子。どうやらタッチペンでなぞった通りにキャラクターが頭を動かすようです。すかさず縦になぞってみると

imas02.JPG

マーベラス。何だこのゲーム。
アイマス購買層がどういう人種かをしっかり把握しすぎてやしませんか、バンナムさん。

まあ、こんな具合の学園生活に貞操の危機を感じ始めた秋月涼は、男らしいイケメンになるべく従姉の居るアイドルプロダクションの門を叩くわけです。なんでやねん、ですが敢えてつっこみません。そこですったもんだの挙句、「なよっちいお前にゃイケメンアイドルなんて無理だから、まずは女の子アイドルとして実力見せてみろ。そしたら男性アイドルとしてのデビューも考えてやろう」というこれまたなんでやねん、な展開に。

10分程ゲームを進めたところで概ね理解しました。
どうやら秋月涼シナリオは、彼を女装の深みへ沈めていくゲームのようです。ひたすらそういう感じの選択肢を選びまくって、ソッチに目覚めさせてあげましょう。きっとエンディングを迎える頃には立派な女の子になっているはずです。


ボイスも何気に盛りだくさん。サブキャラはみんな声無いみたいですが、アイドルキャラはほぼフルボイスっぽいです。加えて歌も収録されてるわけで、DSはやっぱりやればできる子なんですね。秋月涼は声をあててるのが三瓶由布子さんだからどうしてもエウレカセブンのレントンが頭に浮かんでくるけど、気にしたら負けだと思っている。

映像はDSなので粗いですが、ゲームはしっかりアイマスしてます。旧作キャラもぽつぽつ登場するので、前作が好きな人は……まあ僕が勧めるまでもなく買ってますよね。360のアイマスやった事無い人はコイツで後戻り出来ない道に一歩踏み出してみては如何でしょうか。

posted by ファッケージ at 18:48 | Comment(0) | TrackBack(1) | コンシューマー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

アイマス 360
Excerpt: アイマス 360の最新動画や評価レビュー、攻略情報なら「アイマス 360」へ!
Weblog: アイマス 360
Tracked: 2009-10-04 03:22
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。